SEEDs of Message

アクセスカウンタ

zoom RSS 言の葉

<<   作成日時 : 2004/06/18 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「言葉」

相手に"メッセージ"を伝える手段。
このblogというものも、画面上に表された「言葉」を通して"メッセージ"を伝える場となっている。

blogやメール、そして手紙...こうした手段でメッセージを伝えるのは直接相手に口で伝えるよりも簡単な一方で実は難しい。
それは、「言葉」が「文字」だけで伝わってしまうから。

自分は携帯でメールを書くのに時間がかかる方だ(このblogも)。
それは、打つのに時間がかかるというわけではなく、しゃべる場合よりも「言葉」を選ぶ必要があるから。

「自分はこういうつもりで書いたけど、はたしてちゃんと伝わるかな?」
「この言葉遣い、ちょっと誤解されやすいな」
「この言葉、文字だけ見ると結構キツイな」

...なんてことを考えながら打つ。
だから、返事を待ている友人などには待たせて悪いな、と思ってます。
(この場を借りて、ゴメンナサイ)
といっても、毎回毎回ではないですけどね。

「言葉」を直接相手と会って伝える場合、「言葉」は「文字」としてだけではなく、そのときの雰囲気、お互いの感情・表情、話の流れ...などが一緒になって伝えられる、そして理解される。
だから、結構キツメの、冗談めいたことなんかも笑って流せる場合が多い(調子に乗って機嫌を悪くさせてしまう、もしくはなる場合も多少ありますが...)

しかし、「言葉」が「文字」だけで伝わると、そうした「文字」の背景にあるものが会話の場合以上に伝わりにくい。
だからこそ絵文字や顔文字などが発達してきているのだと思う。
「文字」の背景にあるものをなんとか伝えようとするために。
だがそれにも限界があり、時には飾りや記号に過ぎない場合もある。

同じ「言葉」でも、自分と意図した"メッセージ"全く違った内容で相手に伝わってしまう、そんな危険性が潜んでいる。
そうだからこそ、"メッセージ"を発する側も、そして受け取る側も十分慎重にならなくてはいけない。
メールやインターネットの発達で、人とのコミュニケーションは多様になった。
しかし、だからといって相手に自分の本当の"メッセージ"が簡単に伝わるようになったわけではない。
本当の"メッセージ"を伝えるのは、今も昔も難しいまま...いや、現代の方がより難しくなっているかもしれない。

...なんてことを書いておきながら、自分のこの"メッセージ"も、はたしてちゃんと伝わるかどうか(^^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言の葉 SEEDs of Message/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる