SEEDs of Message

アクセスカウンタ

zoom RSS 憲法改正についてひとりごつ

<<   作成日時 : 2005/02/18 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

今日、着実に憲法改正へと動き出している。
そして、各政党などから憲法改正試案や提言がいくつか出されている。
そんな試案や提言の中で、自分がふと気になったのが、「憲法改正手続き」に
に関する改正内容。
ちなみに、現行憲法で規定されている改正手続きは以下の通り。

憲法第96条1項
「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。...」


以上のように、現行憲法では、憲法を改正する際は、国会による決議だけでなく必ず国民投票にかけ、その過半数の承認を得ることが必要とされている。
ここで自分が注目するのがこの「国民投票」。
しかし、現在発表されている憲法改正試案や提言の中には、憲法改正手続きの緩和を目的として、各議院の過半数の発議による場合は国民投票による承認が必要だが、各議院の三分の二以上の発議の場合には国民投票は不要、としているものがいくつかある。

自分が気になるのは、憲法改正手続きにおいて、この「国民投票」が不要とされる場合がああっていいのか、ということ。

現代の憲法は、その国の統治機構のあり方を規定し、人権を保障するその国の最高法規である。しかし、その実質的な意味は、中世の絶対王政による圧政からの解放を契機として、自然権思想を背景に発展し、国家権力を制限し、それによって国民の自由を保障するところにある。
そこで大前提となるのは、国民が国に支配される、という構造ではなく、国の主体となる、つまり「国民主権」の原則。
自然権思想を背景に、全ての個人は自由平等であり、全ての価値は個人にその源泉があるとするならば、国家権力の究極的な根拠は個人に由来する。その上で国民が自身の自由を確保するために、自らが国家権力を制限する、つまり憲法を制定するという権限(憲法制定権力/制憲権)も国民に存する。

そして、ひとたび国民の手によって憲法が制定されると、憲法制定権力は「国民主権」の原則として憲法内に取り込まれる。
それだけにとどまらず、そしてそれゆえに、憲法制定権力は憲法改正権として、憲法内に規定されている。

以上のように考えるならば、憲法改正権の究極の根源も当然に国民に由来するのであるから、改正手続きにあっては、国民投票は不可欠としなければならないのではないだろうか?

日本国憲法全文はいう、
「...、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し...」


いくら国会の各議院の三分の二以上の発議を条件とするとしても、その国会(議員)の権限も国民に由来しているのだから、やはり憲法の内容の最終的な内容の決定は国民の判断に委ねるべきだと思う。そうでなければ、今の日本の憲法の三大原則の一つとして謳われている「国民主権」にもとるのではないだろうか。

以下、芦部信喜著・高橋和之補訂『憲法(第三版)』367項より抜粋。
「なお、憲法九十六条の定める憲法改正国民投票制は、国民の制憲権の思想を端的に具体化したものであり、これを廃止することは国民主権の原理をゆるがす意味を持つので、改正は許されないと一般に考えられている。」



う〜ん、長ったらしくて、堅っ苦しい独り言になってしまった(^^;)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
憲法改正国民投票法案アップ
議論を活発化するため、憲法改正国民投票法案(議連案)をアップしました。これを受けた与党協議会実務者会議の報告も重要ですので、掲載しました。 ...続きを見る
情報流通促進計画
2005/03/26 21:16
憲法についての覚書
近代憲法の特徴(末川博・元立命館大学学長・法学博士による) 1.国家権力の干渉か ...続きを見る
Passing Strangers
2005/05/07 20:36
平和憲法反対論の源流
 今では国民の大半の信仰を集める平和憲法ですが、これが憲法案として検討された19 ...続きを見る
Peace Powers!
2005/05/09 00:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
憲法改正についてひとりごつ SEEDs of Message/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる