SEEDs of Message

アクセスカウンタ

zoom RSS 新生「ドラえもん」

<<   作成日時 : 2005/04/18 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

7時起床。
せっかくの日曜日、2週間ぶりの休日、久しぶりに惰眠でもむさぼろうかと思いきや、どうしても7時に目が覚めてしまう。
いやはやどうしたものか、4月に入ってから7時起きの習慣が身についてしまった。
まあ、いいことだろうけど...

そうして早起きした日曜日。
この時間を有効に使おうと、勉強...の2文字はなぜか頭に浮かばず、この数週間録りためていたビデオを観ることに。
といってもたったの2番組ですが。

そのうちの一つが「ドラえもん」。
新声優に交代してから初めての「ドラえもん」。
世間に遅れること2日、やっと観る機会が訪れた。
湯を沸かし、コーヒーをいれて、おくつろぎ体制準備完了。
期待半分、不安半分で新生「ドラえもん」第1話を観ました。

...

「あ、ドラえもんだ」
が、その第1話を観ての感想。
想像以上に違和感が、ない。
特にジャイアン、第一声を気いた瞬間「うわぁ、ジャイアンだ」と驚いてしまった。
これがまさか14歳がやっているとは...末恐ろしい14歳です(笑)。
ストーリーやキャラの喜怒哀楽といった表情も原作により忠実に、コミックテイストに変わっていたのも違和感を感じなかった一因かもしれない。
主要キャラのみならずのび太のパパママ、静香のママの声まで変わってるし。
もし、声のみが変わり、絵柄が従来と変わらずにいたならば、違和感を覚えたことだろうな...
ただ...さすがに主人公であるドラえもんの声にはまだちょっと違和感あり。
自分の中でドラえもんの声は「あの声」でこびり付いてしまっている。
まあ、それも時間とともに感じなくなるだろうけど。



とにもかくにも、新生「ドラえもん」、期待していた以上に良い。
もちろん一抹の寂しさのようなものはあるけれど...
でも、なによりも理屈抜きで面白かった。
それが一番大事だと思う。
新声優の方々、スタッフの方々に感謝。
これからも面白い「ドラえもん」を期待しています!

そして、今までの声優、スタッフの方々にも感謝。
今まで本当に楽しい「ドラえもん」をありがとうございました。
そして、お疲れさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私の子供(5才)もドラえもんが大好きなのです。声が変わってどう反応するか観察していたのですが、違和感なく楽しんでいるようです。というより、以前よりも真剣に観ているように思います。
ビデオレンタルとかで昔のドラえもんも観ていたためかもしれませんが、りんごさんのおっしゃるように表情やテイストも変わったからでしょうね。
KIM
2005/04/23 00:36
>KIMさん
ご来訪&コメントありがとうございます。
以前のドラえもんがどう変わってしまうのか...正直いって不安でしたが、ここまで変えてもらうと、不思議とスムーズに受け入れることが出来てしまいました。
声優の皆さんやスタッフの皆さんのご苦労もさることながら、やっぱり「ドラえもん」だからこそ、という部分もあるのでしょうか。

りんご(♂)
2005/04/25 02:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
新生「ドラえもん」 SEEDs of Message/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる